合格体験記

3級

満点合格をめざして

坂本 敬大さん(福島県・石川義塾中学校3年生)

僕は中学2年生の冬に、数学検定3級を受検して合格しました。さらに、1次検定・2次検定ともに満点を取り、「数学検定グランプリ金賞」を受賞しました。

なぜ2年生のうちに3級を受検したかというと、先取り学習をしていたからです。僕たちの学校では、大学入試に向けた先取り学習を実施しています。また、学んだことを生かすという学校の大きな目的のため、数学検定にも挑戦しています。なので、1つ上の3級を受検しました。

しかし、あまり勉強する気にはなれませんでした。なぜなら、3級を甘く見ていたからです。中学校に入学してから、6級、5級、4級と順に取得してきました。そのなかで「授業の内容を理解していれば合格はできる」というように思っていました。実際に数学の授業はしっかり理解しているつもりだったし、テストも決して悪くはなかったので、大丈夫だと思っていました。そんななか、1月に受けた英語検定3級の1次試験の結果が返ってきました。そしたら満点だったのでうれしくなり、数学の先生にもそのことを話しました。すると先生は「数学検定でも満点を取れよ」とおっしゃいました。その言葉を聞いて、数学検定は合格するためだけではなく、満点を取るために受検したいと思い、なんとしてでも取ってやるという気持ちで必死に勉強しました。そのためにも2次検定の対策をしました。なぜなら、これまで2次検定での間違いが多かったからです。また、そのなかでも幾何学があまり得意ではなかったので、問題演習を繰り返し行いました。とくに作図では、教科書と問題集を何度も往復して、徐々に定着させていきました。また先生にお願いして、過去問題を着々と解いていきました。

合格の結果が届き、さらに「数学検定グランプリ金賞」を受賞したときはうれしくて、また誇らしく思いました。これからも満点をめざしてがんばりたいです。

合格体験記 一覧に戻る