準1級

数学検定準1級(高校3年程度)の概要、検定の内容などについてご覧になれます。

準1級の概要

目安となる学年 高校3年程度
構成 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定があります。
はじめて受検するときは1次・2次両方を受検します。
検定時間 1次:60分
2次:120分
出題数 1次:7問
2次:2題必須、5題から2題選択
合格基準 1次:全問題の70%程度
2次:全問題の60%程度
検定料 個人受検:6,700円
提携会場受検・団体受検:5,500円

準1級の検定内容の構造

検定内容の構造検定内容の構造
※割合はおおよその目安です。
準1級の検定の内容・
技能の概要

高校3年程度

検定の内容
数列と極限、関数と極限、いろいろな関数(分数関数・無理関数)、合成関数、逆関数、微分法・積分法、行列の演算と一次変換、いろいろな曲線、複素数平面、基礎的統計処理、コンピュータ(数式処理) など
技能の概要
情報科学社会に対応して生じる課題を創造的に解決するために必要な数学技能
  • 1.自然現象や社会現象の変化の特徴を掴み、表現することができる。
  • 2.身の回りの事象を数学を用いて表現できる。

高校2年程度

検定の内容
式と証明、分数式、高次方程式、いろいろな関数(指数関数・対数関数・三角関数・高次関数)、点と直線、円の方程式、軌跡と領域、微分係数と導関数、不定積分と定積分、ベクトル、複素数、方程式の解、確率分布と統計的な推測、コンピュータ(数値計算) など
技能の概要
日常生活や業務で生じる課題を合理的に解決するために必要な数学技能(数学的な活用)
  • 1.複雑なグラフの表現ができる。
  • 2.情報の特徴を掴みグループ分けや基準を作ることができる。
  • 3.身の回りの事象を数学的に発見できる。

準1級の検定過去問題準1級の検定過去問題

検定問題
1次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
2次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
解答用紙
1次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
2次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
模範解答
1次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
2次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
検定問題
1次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
2次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
解答用紙
1次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
2次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
模範解答
1次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF
2次
  • デジタルブックで見る
  • 印刷用PDF

準1級の学習におすすめの書籍準1級の学習におすすめの書籍※クリックするとAmazon.co.jpでご購入になれます。

※クリックするとAmazon.co.jpでご購入になれます。

階級ごとの概要・検定の内容

階級ごとの概要や検定の内容について、下記のリンク先でご確認ください。

数学検定(1~5級)

算数検定(6~11級、かず・かたち検定)