検定実施方法の違いについて

検定実施方法の違いについて、ご覧になれます。

受検をお考えの志願者の方は「受検方法の違いについて」をご覧ください。

受検方法の違いについて

検定実施方法について

実用数学技能検定には、「個人受検」「提携会場受検」「団体受検」の3つの受検方法があります。
「団体受検」「提携会場受検」は、各団体・提携機関で検定が実施できます。

団体受検とは

団体受検とは学校・学習塾・企業などが志願者を募り、所有する施設を会場として実施します。申し込みや検定料の支払い、検定当日の運営、結果の通知は団体がとりまとめて行います(志願者支払制度あり)。
実施について、くわしくは下記のリンク先でご確認ください。

提携会場受検とは

提携会場受検とは提携機関は会場を設置し検定当日の運営のみを行います。特設サイトで志願者を募り、申し込みや検定料の支払いは志願者が行い、結果は協会から志願者に通知します。
実施について、くわしくは下記のリンク先でご確認ください。

検定実施方法の比較表

受検方法 団体受検 提携会場受検
概要 学校・学習塾・企業などが所有する施設を会場として、実施する受検方法です(申し込みや支払いは団体が行います)。 当協会と提携した機関が設置した会場で実施し、提携機関は検定の運営のみを行う受検方法です(申し込みや支払いは志願者が行います)。
検定日 年17回程度のなかから選択。
検定日一覧(団体受検)
年14回程度のなかから選択。
提携会場受検の検定日について
実施できる階級 準1~11級、かず・かたち検定。
検定日・団体によって異なります。
準1~11級。
検定日・提携機関によって異なります。
実施の条件 1回の検定につき、志願者が5人3人(※)以上いること。(※2021年3月検定まで) 最低15人を受け入れられる会場を用意できること。
初回登録方法 検定申し込みの1週間前までに、実施校登録申請を行い、契約書をご提出ください。
はじめて団体受検を実施される方
実施する検定日の受付開始2週間前までに、提携機関の認定手続きを行い、契約書をご提出ください。
はじめて提携会場受検を実施される方
検定の申込方法 団体の担当者が志願者の申込書をまとめて、団体専用マイページか郵送で申し込みます。 提携機関が実施する検定情報を「提携会場受検制度 情報サイト」に掲載し、協会が直接志願者から申し込みを受け付けます。
支払いについて 団体の担当者が集金を行い、まとめて協会へ支払います(志願者払い制度もあります)。 志願者が直接協会へ支払います。
検定資材の送付 団体の担当者に送付します。 提携機関の担当者に送付します。
模範解答の送付 検定の結果とまとめて、団体の担当者に送付します。
※公式サイトでもご覧になれます。
※1団体に申し込み階級各1部をお届けします。
受検者に送付します(提携機関の担当者には送付されません)。
※公式サイトでもご覧になれます。
WEB合否確認 団体の担当者が団体専用マイページ上で確認できます(受検者は確認できません)。 受検者が公式サイトで確認できます(提携機関の担当者は確認できません)。
結果の送付 団体の担当者に送付します。 受検者に送付します(提携機関の担当者には送付されません)。
概要
団体受検 学校・学習塾・企業などが所有する施設を会場として、実施する受検方法です(申し込みや支払いは団体が行います)。
提携会場
受検
当協会と提携した機関が設置した会場で実施し、提携機関は検定の運営のみを行う受検方法です(申し込みや支払いは志願者が行います)。
検定日
団体受検 年17回程度のなかから選択。
検定日一覧
提携会場
受検
年14回程度のなかから選択。
実施できる階級
団体受検 準1~11級、かず・かたち検定。
検定日・団体によって異なります。
提携会場
受検
準1~11級。
検定日・提携機関によって異なります。
実施の条件
団体受検 1回の検定につき、志願者が5人3人(※)以上いること。(※2021年3月検定まで)
提携会場
受検
最低15人を受け入れられる会場を用意できること。
初回登録方法
団体受検 検定申し込みの1週間前までに、実施校登録申請を行い、契約書をご提出ください。
はじめて団体受検を実施される方
提携会場
受検
実施する検定日の受付開始2週間前までに、提携機関の認定手続きを行い、契約書をご提出ください。
はじめて提携会場受検を実施される方
検定の申込方法
団体受検 団体の担当者が志願者の申込書をまとめて、団体専用マイページか郵送で申し込みます。
提携会場
受検
提携機関が実施する検定情報を「提携会場受検制度 情報サイト」に掲載し、協会が直接志願者から申し込みを受け付けます。
支払いについて
団体受検 団体の担当者が集金を行い、まとめて協会へ支払います(志願者払い制度もあります)。
提携会場
受検
志願者が直接協会へ支払います。
検定資材の送付
団体受検 団体の担当者に送付します。
提携会場
受検
提携機関の担当者に送付します。
模範解答の送付
団体受検 検定の結果とまとめて、団体の担当者に送付します。
※公式サイトでもご覧になれます。
※1団体に申し込み階級各1部をお届けします。
提携会場
受検
受検者に送付します(提携機関の担当者には送付されません)。
※公式サイトでもご覧になれます。
WEB合否確認
団体受検 団体の担当者が団体専用マイページ上で確認できます(受検者は確認できません)。
提携会場
受検
受検者が公式サイトで確認できます(提携機関の担当者は確認できません)。
結果の送付
団体受検 団体の担当者に送付します。
提携会場
受検
受検者に送付します(提携機関の担当者には送付されません)。

志願者向けの受検方法の違いについては、下記のリンク先でご確認ください。