「数学」をあきらめない、「数学」で未来を切り開く。「数学」をあきらめない、「数学」で未来を切り開く。

マスマス高まる数学の重要性

マスマス高まる数学の重要性

AI・ビッグデータ・デジタル技術を
支える「数学」

  • AI・ビッグデータ・デジタル技術を支える「数学」
  • AI・ビッグデータ・デジタル技術を支える「数学」

私たちの日常では、「AI」「5G」「VR」「FinTech」など、常にデジタルキーワードが世界をにぎわせています。
社会のあらゆる場面でデジタル革命が起きており、そのさまざまなデジタル技術の基盤となっているのは数学で、専門的な分野に限らず広く重要となっています。
デジタル技術の開発者やビッグデータを扱うデータサイエンティストだけでなく、それを使用する社会人や学生においても、教養としての『数学力』が強く求められています。もはや、「数学が苦手」「文系」だからといって数学を避けて通れる時代ではありません。

社会で求められる「数学」

AIやデータを活用できる
「理数系人材」が必要とされている

社会で求められる「数学」

近年、AI戦略、データサイエンス、IoTなどに対応し得る人材の育成が急務となっており、国の有識者会議や経済団体から「数学」を重要視する報告書等が相次いで公表されています。
また、どんな職種においても利益計算や成果分析は必須であり、割合や確率など基礎的な数学の素養が必要となっています。

大学・高専で求められる「数学」

文系・理系を問わず
「数学」を学ぶことを重要視

大学・高専で求められる「数学」

デジタル社会になり、小学校ではプログラミング教育が必修化されました。
大学や高等専門学校でも、文系・理系を問わず、すべての学生に数理・データサイエンス・AIの応用基礎力を習得することがのぞまれ、国立大学や私立文系大学などから数学を学ぶ取り組みが始まっています。

「数学検定」を活用して、
進学や就職にそなえよう!

数学が苦手な人は
「数学検定」で苦手を克服!

数学が苦手な人は「数学検定」で苦手を克服!

自分の実力に合った階級を受検して、個別成績票で苦手な単元を確認して克服しよう!

数学な得意な人は
「数学検定」で実力をアピール!

数学な得意な人は「数学検定」で実力をアピール!

記述式の数学検定で自分の数学力をチェック。入試や就職活動で実力をアピールしよう!

ビジネスシーンで役立つ数学を学ぶには「ビジネス数学検定」がおススメ!
ビジネスシーンで役立つ数学を学ぶには「ビジネス数学検定」がおススメ!ビジネスシーンで役立つ数学を学ぶには「ビジネス数学検定」がおススメ!

ビジネスにおいて必要とされる数学力は、学校で学ぶ数学とは視点が違います。
「ビジネス数学検定」はビジネスの現場で使える数学の力を測定することができます。就職の際には、履歴書に書いて実践力をアピールすることができます。
また、「ビジネス数学」セミナーは、大手を含む企業の研修や、大学・専門学校の講習として導入されており、多くの団体に支持されています。

入試優遇も!特長とメリット

入試優遇も!特長とメリット

1

実用数学技能検定は文部科学省後援の検定!

「入試優遇制度」
「単位認定制度」

活用できます!

【入試優遇制度】
大学・短大・専門学校

全国500校以上!

【単位認定制度】
大学・高等専門学校・高等学校

全国350校以上!

(2019年12月現在。当協会調べ)

大学入試において、受験者の総合的な人物評価の基準として実用数学技能検定の取得を優遇・活用する大学・短大が増えています。入試時の点数加算や出願要件、参考要素とするなど、それぞれの大学・短大において、内容はさまざまです。
また、大学・高等専門学校・高等学校などで、一定の階級の実用数学技能検定取得者に対して、特定の科目の単位取得が認められています。

2

日々の学習に活用して、
数学力をアップしよう!

苦手や弱点がわかる
「個別成績票」
発行されます!

数学検定3級の個別成績票表面
数学検定3級の
個別成績票表面
数学検定3級の個別成績票裏面
数学検定3級の
個別成績票裏面

実用数学技能検定(数学検定・算数検定)のすべての受検者の方に、受検後も引き続き算数・数学の学習に励んでいただけるよう、個別成績票を発行しています。
個別成績票には、小問ごとの成績に加え、問題の内容、結果を表すグラフ、評価コメント、成績に応じたチャレンジ問題などを掲載しています。検定結果を合否や正誤だけでとらえるのではなく、出題された内容と照らし合わせて見直すことで、今後の学習に生かすことができます。

3

思考力・判断力・表現力の向上に!

数学検定はすべて
「記述式」の検定です!

数学検定準2級2次:数理技能検定の採点例①
数学検定準2級2次:
数理技能検定の採点例①
数学検定準2級2次:数理技能検定の採点例②
数学検定準2級2次:
数理技能検定の採点例②

実用数学技能検定(数学検定・算数検定)は、計算結果のみではなく、それにいたる解法の説明や、計算式などを記述します。マークシート方式のように与えられた選択肢のなかから正解を選ぶ解答方式では評価できない理解度についても判定します。正解していなくても、途中までの考え方が正しい場合は、部分点が付与されます。
※実際の検定では、解答用紙は返却されません。

お申し込みはこちらから

個人受検

実施階級:1~8級、かず・かたち検定

第372回

2021年411 実施

申込受付期間

2832

【個人受検 検定料】準1級…6,700円、2級…6,000円、準2級…5,200円 その他の階級についてはこちらをご覧ください。

提携会場受検

実施階級:準1~11級

受検可能な検定日多数、
検定会場も増加中!

提携会場受検

【提携会場受検 検定料】準1級…5,500円、2級…4,800円、準2級…4,000円 その他の階級についてはこちらをご覧ください。

検定過去問題にチャレンジ!

検定過去問題にチャレンジ!

11級 問題

準2級の解答を見る

閉じる

11級 解答
8級 問題

準1級の解答を見る

閉じる

8級 解答
調べてみよう目安の階級

調べてみよう目安の階級

高校生の目安となる階級

準2級
高校1年生におすすめ

目安の学年 高校1年程度(数学Ⅰ・数学A程度)
構成 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定があります。
はじめて受検するときは1次・2次両方を受検します。また、1次も2次も同じ日に行います。
検定料 個人受検:5,200円
提携会場受検:4,000円
団体受検:4,000円

出題の構成

出題の構成
※割合はおおよその目安です。

準2級についてくわしく見る

閉じる

目安の学年 高校1年程度(数学Ⅰ・数学A程度)
構成 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定があります。
はじめて受検するときは1次・2次両方を受検します。また、1次も2次も同じ日に行います。
検定料 個人受検:5,200円
提携会場受検:4,000円
団体受検:4,000円
準2級の過去問題
検定問題
1次
準2級1次検定問題をデジタルブックで見る
2次
準2級2次検定問題をデジタルブックで見る
模範解答
1次
準2級1次模範解答をデジタルブックで見る
2次
準2級2次模範解答をデジタルブックで見る

2級
高校2年生におすすめ

目安の学年 高校2年程度(数学Ⅱ・数学B程度)
構成 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定があります。
はじめて受検するときは1次・2次両方を受検します。また、1次も2次も同じ日に行います。
検定料 個人受検:6,000円
提携会場受検:4,800円
団体受検:4,800円

出題の構成

出題の構成
※割合はおおよその目安です。

2級についてくわしく見る

閉じる

目安の学年 高校2年程度(数学Ⅱ・数学B程度)
構成 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定があります。
はじめて受検するときは1次・2次両方を受検します。また、1次も2次も同じ日に行います。
検定料 個人受検:6,000円
提携会場受検:4,800円
団体受検:4,800円
2級の過去問題
検定問題
1次
2級1次検定問題をデジタルブックで見る
2次
2級2次検定問題をデジタルブックで見る
模範解答
1次
2級1次模範解答をデジタルブックで見る
2次
2級2次模範解答をデジタルブックで見る

準1級
高校3年生におすすめ

目安の学年 高校3年程度(数学Ⅲ程度)
構成 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定があります。
はじめて受検するときは1次・2次両方を受検します。また、1次も2次も同じ日に行います。
検定料 個人受検:6,700円
提携会場受検:5,500円
団体受検:5,500円

出題の構成

出題の構成
※割合はおおよその目安です。

準1級についてくわしく見る

閉じる

目安の学年 高校3年程度(数学Ⅲ程度)
構成 1次:計算技能検定、2次:数理技能検定があります。
はじめて受検するときは1次・2次両方を受検します。また、1次も2次も同じ日に行います。
検定料 個人受検:6,700円
提携会場受検:5,500円
団体受検:5,500円
準1級の過去問題
検定問題
1次
準1級1次検定問題をデジタルブックで見る
2次
準1級2次検定問題をデジタルブックで見る
模範解答
1次
準1級1次模範解答をデジタルブックで見る
2次
準1級2次模範解答をデジタルブックで見る

お申し込みはこちらから

個人受検

実施階級:1~8級、かず・かたち検定

第372回

2021年411 実施

申込受付期間

2832

【個人受検 検定料】準1級…6,700円、2級…6,000円、準2級…5,200円 その他の階級についてはこちらをご覧ください。

提携会場受検

実施階級:準1~11級

受検可能な検定日多数、
検定会場も増加中!

提携会場受検

【提携会場受検 検定料】準1級…5,500円、2級…4,800円、準2級…4,000円 その他の階級についてはこちらをご覧ください。

学習して良かった!合格体験記

学習して良かった!合格体験記

数学検定から学んだこと

数学検定から学んだこと

数学検定2級合格

中野 優里香さん(千葉県・日本体育大学柏高等学校2年生)

数学検定から学んだこと

数学検定2級合格

満点合格を目標に

中野 優里香さん(千葉県・日本体育大学柏高等学校2年生)

私は小さいころから数学が好きです。難しい問題に直面したとき、じっくり考え、計算し、正解したときに達成感を感じ、「数学っておもしろい!」と思います。

自分の数学の力を試したいと思い、高校1年生のときに数学検定の準2級を受検しました。1回で合格できたことがうれしかったです。2年生になって2級を受けることを決め、過去問題集を買いました。しかし、2級の出題範囲には、まだ学校の授業で習っていない単元も多く含まれており、わからないことばかりでとても不安になりました。それでも「受けるなら合格したい!」と思い、少しずつ勉強していくことを決めました。

まず、問題集に載っているすべての問題に目をとおし、わからない問題は解答を見て、解き方を理解しようとしました。まだ授業で習っていない単元については、1日1単元を目標に勉強を進めました。ときに学校の数学の先生にも教えていただきました。

当日の検定では、計算ミスに気をつけ、 確実に解ける問題を選びました。答えにたどり着けなくても、自分でわかるところまでは書くなど、落ち着いて検定に臨むことができました。

努力の結果が実り、合格通知が届いたときはとてもうれしかったです。周りの人たちのサポートに感謝するとともに、難しいと思う課題にも挑戦することの大切さを学びました。

努力が形に

努力が形に

数学検定準2級合格

長野 匠真さん(静岡県・小学校6年生)

努力が形に

数学検定準2級合格

努力が形に

長野 匠真さん(静岡県・小学校6年生)

ぼくは昔から算数や数学を先取りして学習してきました。しかし、自分のやってきた成果がわかりにくく、何か良い方法はないかと思っていたところ、小学校6年生の5月くらいに数学検定を知りました。

ぼくは中学受験もする予定だったので、今まで学習してきたことと合わせて、数学検定の問題集を重点的に取り組み、できるだけ短時間で合格しようという目標を立てました。そこでまずは、7月に3級に挑戦し合格できたので、10月に準2級にも挑戦しました。受験算数と数学を同時に進めることは、いろいろと苦労もありましたが、受験算数に生かせることもたくさんあり、毎日コツコツとがんばりました。とくに、行事や塾など、あまり時間がないなかで、公式をきっちりと覚えて、基本問題をしっかりと復習するように心がけました。

そして、無事に準2級を10月までに合格することができました。本番では緊張もあり心配でしたが、合格できて本当にうれしかったです。それと同時に、自分の今まで続けてきたことを認めてもらえたような気がして、自信になりました。自分の努力が形になることでつぎの目標に向かうモチベーションにもなりました。

さらに、この結果は中学受験の願書にも記入し、希望の中学にも合格でき、ぼくにとってこのチャレンジは良いことばかりでした。つぎは2級をめざしてこれからも努力していきたいと思います。

よく見られているページ