特長とメリット

実用数学技能検定(数学検定・算数検定)は、文部科学省が後援(対象:1~11級)している記述式の検定で、入試優遇・活用や単位認定などをはじめ、たくさんのメリットがあります。

文部科学省後援

文部科学省後援

数学検定・算数検定は、算数・数学の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測り、論理構成力をみる記述式の検定として文部科学省が後援しています。また年に一度、成績優秀な団体および個人を表彰し、「文部科学大臣賞」を授与しています。

文部科学省の推進する「高校生のための学びの基礎診断」事業において、準2級、3級が測定ツールとして認められています。

入試優遇・単位認定制度を活用

入試優遇・単位認定制度を活用

数学検定・算数検定に合格すると、多くの中学校・高等学校・大学などで評価され、入学試験や単位認定で優遇・活用されています。

一定レベルの数学力を保証

一定レベルの数学力を保証

文部科学省が行う「高等学校卒業程度認定試験(旧「大検」)」の必須科目「数学」が試験免除になります(2級以上合格)。また、公益社団法人全国工業高等学校長協会主催の「ジュニアマイスター顕彰制度」で点数化されます(3級以上合格)。

「記述式」の検定です

「記述式」の検定です

数学検定・算数検定の解答は論理的構成力をみる記述式なので、解答にいたる過程を正確に伝える力が身につきます。

正解に到達していなくても、途中の道筋が正しければ部分点がつきます。

算数・数学の学習への取り組みがかたちになる

算数・数学の学習への取り組みがかたちになる

検定合格者には「合格証」を発行いたします。また、算数検定(6~11級、かず・かたち検定)では、合格点に満たない場合でも、「未来期待証」を発行し、算数・数学の学習への取り組みを証します。

算数力・数学力が客観的に評価されることが、社会で生きていく力につながります。

全15階級で、自分の目的に応じた階級からチャレンジできる

全15階級で、実力にあった級からチャレンジできる

幼児レベルのかず・かたち検定から大学・一般レベルの1級まで、全部で15階級あり、それぞれの学習段階に応じた階級を選んで受検することが可能です。これにより、一歩一歩着実にステップアップすることができます。

検定結果を振り返り、復習ができる

検定結果を振り返り、復習ができる

受検者全員に個別成績票を発行いたします。合否や正誤だけでなく、得意なところや苦手なところを知ることができます。評価コメントも掲載しており、受検後に取り組むべき内容がわかります。
また団体受検で数学検定準2級から5級までを実施された団体担当者の方には、指導者向けに階級ごとの団体別成績票を発行しています。

生涯学習として幅広い年齢層が受検

生涯学習として幅広い年齢層が受検

幼児から90歳代の方まで、幅広い年齢層の方が受検しており、学び直しやリカレント教育の際の学習指標として活用されています。
また、当協会では、ご家族で取り組み合格された方に対して「家族合格表彰」の賞状を発行しています。

数学は世界の共通言語

数学は世界の共通言語

数学検定・算数検定は、日本国内はもちろん、フィリピンやカンボジア、インドネシア、タイ、ジャマイカなどでも実施され、海外でも高い評価を得ています。

就職に有利、SPI試験対策に

就職に有利、SPI試験対策に

多くの就活生が苦手としているSPI試験の非言語分野において、その出題範囲は数学検定の準2級で74%、3級で53%共通しています。SPI試験対策はもちろん、検定に合格した際は、エントリーシートや履歴書に記載して自分の数学力を証明することができます。