よくある質問

  • 実用数学技能検定について
  • 団体受検について
  • 個人受検について
  • その他
  • Q
    「実用数学技能検定」はどんな検定ですか?
    A
    実用数学技能検定(後援=文部科学省)は、数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定で、公益財団法人日本数学検定協会が実施している全国レベルの実力・絶対評価システムです。
    Q
    階級や種類について、教えてください。
    A
    実用数学技能検定には、1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級、6級、7級、8級、9級、10級、11級、ゴールドスター、シルバースターの合計15階級があります。
    数学領域である1級から5級までを「数学検定」と呼び、算数領域である6級から11級、かず・かたち検定までを「算数検定」と呼びます。
    1級は団体受検ができません。
    1~5級には、計算技能を測る「1次:計算技能検定」と数理応用技能を測る「2次:数理技能検定」があり、1次も2次も同じ日に行います。
    はじめて受検するときは、1次・2次両方を受検します。6~11級、かず・かたち検定のゴールドスター、シルバースターには、1次・2次の区分はありません。なお、同一の志願者が同一の検定日に同一の階級や複数の階級を志願することはできません。
    Q
    検定時間や合格基準を教えてください。
    A
    数学検定1~5級 算数検定6~11級 かず・かたち検定
    1次・2次区別の有無
    1次
    計算技能検定
    2次
    数理技能検定
    なし なし
    検定時間
    1次
    1~5級…60分
    2次
    1~準1級…120分
    2~準2級…90分
    3~5級…60分
    6~8級…50分
    9~11級…40分
    40分
    合格基準
    1次
    全問題の70%程度
    2次
    全問題の60%程度
    全問題の70%程度 15問中10問
    数学検定1~5級 1次・2次区別の有無
    1次
    計算技能検定
    2次
    数理技能検定
    検定時間
    1次
    1~5級…60分
    2次
    1~準1級…120分
    2~準2級…90分
    3~5級…60分
    合格基準
    1次
    全問題の70%程度
    2次
    全問題の60%程度
    算数検定6~11級 1次・2次区別の有無 なし 検定時間 6~8級…50分
    9~11級…40分
    合格基準 全問題の70%程度
    かず・かたち検定 1次・2次区別の有無 なし 検定時間 40分 合格基準 15問中10問
    Q
    出題形式は?
    A
    すべて記述式です。
    Q
    受検資格はありますか?
    A
    原則として受検資格を問いません。
    ただし、時代の要請や、学習環境の変化などにより、当協会が必要と認めるときはこの限りではありません。
    Q
    1次または2次のみ受検の条件は?
    A
    1997年度以降に、1次:計算技能検定または2次:数理技能検定のみに合格している場合、証書の階級の1次または2次を免除申請して受検をお申し込みになれます。
    上記免除対象者が、1次または2次のみ免除して受検の申し込みをする場合、正規の検定料から1,000円割引きとなります。
    Q
    2階級同時に受検できますか?
    A
    1~11級は同一の検定日に同一の階級や複数の階級を志願することはできません(これらのことが判明した場合、いずれも無効になります)。
    かず・かたち検定のゴールドスター、シルバースター同士のみ併願受検することができます。
    Q
    年に何回行われていますか?
    A
    団体受検は年に15回前後、個人受検は年に3回(4月・7月・10月または11月)実施しています。
    くわしくは検定日一覧をご覧ください。
    Q
    中学・高校・大学等の入試優遇措置はありますか?
    A

    「入試優遇制度」や「単位認定」についての詳細は、それぞれのページで最新の情報をご確認ください。

    Q
    高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の科目免除について、教えてください。
    A
    実用数学技能検定の2級以上(2級、準1級、1級のいずれかの級)の合格者は、文部科学省が行う高等学校卒業程度認定試験の「数学」科目が試験免除されます(合格証明書が必要です)。
    くわしくは高等学校卒業程度認定試験についてをご覧ください。
    Q
    WEB合否確認について教えてください。
    A
    検定日から約3週間後に、公式サイトから合否の確認ができます。
    団体受検の場合は、団体専用マイページから団体の担当者のみ確認することができます。
    個人受検の場合は、WEB合否確認(個人受検)から受検者自身で確認することができます(確認には受検証に記載されている受検番号とパスワードが必要となります)。
    Q
    結果発表はいつですか?
    A
    検定日から30~40日を目安に、検定結果通知・証書を郵送します。
    団体受検の場合は、団体の担当者へまとめてお送りいたします。
    個人受検の場合は、受検者へ直接お送りいたします。
    Q
    合格率はどれくらいですか?
    A
    合格率や合格者数などのデータは、検定に関する各種データをご覧ください。
    Q
    合格証の種類とその永続性について、教えてください。
    A
    1次と2次のどちらも合格した場合は、「実用数学技能検定 合格証」を発行いたします。
    1次:計算技能検定のみ合格した場合は、「計算技能検定 合格証」を発行いたします。
    2次:数理技能検定のみ合格した場合は、「数理技能検定 合格証」を発行いたします。
    不合格だった場合は「未来期待証」を発行いたします(6級以下のみ)。
    なお、現在は1997年以降の実用数学技能検定合格、計算技能検定合格および数理技能検定合格、「児童数検」合格、「通信検定」合格について永続的に認めております。
    Q
    合格証明書がほしいのですが、どうしたらよいですか?
    A
    合格証明書は、1通は結果発送時に無償でお送りしております。2通め以降は有償で発行しております。
    下記の(1)~(3)を郵便でお送りください。当協会に到着してから約1週間後にお届けします。
    • (1) 必要事項を記入した「合格証明書申請書」
    • (2) 合格証のコピー(紛失等の際は不要です)
    • (3) 必要枚数分の料金を振り込んだ領収書または明細書
    くわしくは合格証明書の申請方法をご覧ください。
    Q
    合格証を紛失しました。再発行はできますか?
    A
    合格証の再発行をしておりません。合格証明書は、有償で発行しております。
    くわしくは合格証明書の申請方法をご覧ください。
    Q
    履歴書や調査書等に記入する場合の書き方を教えてください。
    A
    次のようにご記入ください。(例:3級)
    • 3級1次・2次ともに合格→ 実用数学技能検定 3級 合格
    • 3級1次のみ合格→ 実用数学技能検定(1次:計算技能検定)3級 合格
    • 3級2次のみ合格→ 実用数学技能検定(2次:数理技能検定)3級 合格
    Q
    現在、年間どのくらいの人が志願していますか?
    A
    2015年度(平成27年4月~平成28年3月)は、全国で35万人以上の方が志願しました。
    過去5年間の志願者数は検定に関する各種データをご覧ください。
    Q
    英語版で受検することはできますか?
    A
    2017年度は7月23日検定と10月29日検定で、英語版を受検することができます(1~8級のみ)。
    検定料や申し込み方法は変わりませんが、英語版を希望される場合は申込書欄外に「英語版希望」とご記入ください。
    Q
    海外でも実施していますか?
    A
    日本人学校や補助校のほかに、現在は、アメリカ、フィリピン、インドネシア、カンボジア、タイなどで実施されています。
  • Q
    団体受検を実施したいのですが?
    A
    団体受検についてからお問い合わせくださるか、FAXなどで団体受検の資料(無料)をご請求ください。
    団体受検の流れについては団体受検の流れをご覧ください。
    Q
    団体受検の検定日は自由に決められますか?
    A
    当協会が設定した年間約15回前後の検定日のなかから、任意で選択することができます。
    団体受検の検定日で実施できない事情がある団体は、当協会へご相談ください。
    検定日については検定日一覧をご覧ください。
    Q
    志願者全員が同じ階級でないといけませんか?
    A
    志願者全員が同じ階級である必要はありません。数学検定・算数検定・かずかたち検定の志願者が合計で5人以上集まれば団体受検が可能です。
    Q
    1人の志願者が学校と学習塾など2つ以上の団体で受検することはできますか?
    A
    検定日(検定回)が異なれば学校と学習塾のそれぞれで志願することができます(例:第210回検定を学校、第211回検定を学習塾で受検することは可)。
    同一検定日の検定を複数の団体で受検することはできません(これらのことが判明した場合、いずれも無効になります)。
    Q
    団体に在籍していない希望者も一緒に団体受検できますか?
    A
    在籍していない希望者も一緒に団体受検することができます。申し込み手続きのほか、当日の検定実施、検定結果の配付なども団体の担当者が行ってください(当協会が検定結果だけを本人の自宅に別送することは行っておりません)。
    当協会には「外部受検者受け入れ登録」という制度もあります。
    くわしくは外部受検についてをご覧ください。
    Q
    団体内の締め切り日はどのように設定したらよいですか?
    A
    団体受検の申し込み締め切り日に余裕をもってご設定ください。
    Q
    1級の志願者がいますがどうしたらよいですか?
    A
    1級は個人受検でのみ実施いたします。志願者ご自身で個人受検をお申し込みくださるよう、お願いいたします。
    Q
    団体専用マイページID、パスワードを忘れてしまいました。
    A
    団体専用マイページID・パスワードをお忘れの方は、マイページログイン画面の申請方法をご覧ください。
    団体専用マイページ
    ※団体専用マイページID・パスワードの再発行には、少々お時間をいただく場合がございます。5日(当協会の休業日を除く)を過ぎても返信がない場合は、お手数ですが当協会(電話03-5660-4804)までご連絡ください。また、本人確認のため当協会からお電話を差し上げる場合がございますのであらかじめご了承ください。
    Q
    郵送申し込みの場合、志願者が記入する「受検申込書」は団体独自の様式でも大丈夫ですか?
    A
    氏名、ふりがな、生年月日、受検階級など必要項目が含まれていれば独自の様式でもかまいません。
    Q
    合格証・合格証明書に記載されている合格証番号が不明なときは、どうしたらよいですか?
    A
    団体専用マイページにアクセスし、以前実施の申し込みデータから確認することができます。
    ※照会できるのは、実施団体の過去最大6年間の情報に限ります(ただし2011年4月検定以降)。
    Q
    1次または2次の免除の申請は、どのようにしたらよいですか?
    A
    免除を申請する場合は、「受検申込書」に合格証番号を記入してお申し込みください。マイページでお申し込みの場合、合格証番号の入力が必要です。免除の該当者は、検定料の1,000円引きが適用されます。
    「合格証または合格証明書のコピー」の提出は必要ありません(2015年1月検定から)。
    Q
    検定問題や解答用紙はいつ届きますか?
    A
    検定問題や解答用紙などの「検定資材」は、検定日の前日までに到着するよう発送いたします。
    Q
    検定問題や解答用紙はどのように梱包されていますか?
    A
    外袋と内袋の二重梱包になっています。内袋には検定問題が封入されており、この内袋のみ検定日当日に開封してください。
    検定資材が到着したら外袋のみ開封し、内容物をご確認ください。検定問題が封入されている内袋や個人情報の書類などは検定日当日まで鍵のかかる場所で大切に保管してください。
    Q
    当日、階級ごとに教室・部屋を分けなくてはいけませんか?
    A
    同じ教室・部屋で実施くださって構いません。ただし、検定問題の配付間違いや階級ごとの検定時間には十分ご注意ください。
    Q
    バーコードシールを斜めに貼ってしまった場合は、貼りなおさないといけないですか?
    A
    そのままで差し支えありません。
    Q
    検定日当日に台風などの天災や、やむを得ない事情により休校や学級閉鎖などが決まった場合は、どのようにしたらよいですか?
    A

    決定した時点で当協会へお電話ください。

    03-5660-4804

    Q
    欠席者への対応はどのようになりますか?
    A
    欠席者の検定料の返金や繰り越し再受検などはできません。ただし「学校保健安全法に定められている病気」「忌引き」「公式大会への出場(公欠扱いによるもの)」により受検ができない場合には、特別欠席の申請手続きをして当協会から承認を得てください。承認を得た場合に限り、該当の欠席者の検定料を次回、団体受検されるときまで繰り越すことができます(翌年度の3月検定まで同会場の団体受検のみ適用)。
    欠席者には検定終了後、翌水曜日以降に検定問題をお渡しください。
    Q
    合格証が届きましたが、氏名の漢字や生年月日が間違っていました。合格証の交換はできますか?
    A
    合格証が到着してから3週間以内に下記の手順にしたがって手続きを行ってください。
    1.合格証の誤っている漢字や生年月日を二重線で消し、そばに正しい内容を手書きしてください。
    2.合格証の余白に「団体名」「団体の電話番号」「担当者名」を記入してください。
    3.記入済みの合格証を当協会までFAX(03-5660-5775)でお送りください。
    当協会にFAX到着後、訂正した合格証を発行し、担当者あてに送付いたします。なお、氏名の漢字についてはJIS第二水準を基準としております(当協会のコンピュータで対応できない漢字もございますのであらかじめご了承ください)。
  • Q
    個人で受検したいのですが、検定日はいつですか?
    A
    個人受検は年3回(4月・7月・10月または11月)実施しています。
    検定日は検定日一覧でご確認ください。
    また、どこかの実施団体で受検したい場合は 外部受検についてをご覧ください。
    Q
    個人受検の申し込み方法を教えてください。
    A
    個人受検の申し込み受け付け期間中に、以下4つのいずれかの方法でお申し込みください。
    (1)インターネットで申し込む。
    (2)コンビニエンスストアに設置の情報端末から申し込む。
    (3)全国の取り扱い書店で申し込む。
    (4)郵送で申し込む。
    くわしい申し込み方法については、個人受検についてをご参照ください。
    Q
    個人受検の会場はどこですか?
    A
    おもに県庁所在地を目安に、各都道府県に1か所会場を設定しています(検定日によって設定されないことがあります。また1つの都道府県に2~3か所設定する場合もあります)。
    くわしい個人受検の会場については、受検会場一覧をご確認ください。
    Q
    申し込んだ階級や会場の変更はできますか?
    A
    できません。お申し込み後のキャンセルやご返金、繰り越し、階級の変更、受検地域の変更、団体受検への変更などはできません。
    Q
    受検会場までの地図や交通機関を知りたいのですが?
    A
    受検証に記載してお知らせいたします。
    Q
    受検証が届かないのですが?
    A

    検定日の5日前になっても届かない場合は、お手数ですが当協会へお問い合わせください。

    03-5660-4808(電話番号)(平日9:30~17:00)

    Q
    検定日当日に欠席する場合、事前連絡は必要ですか?
    A
    必要ありません。ただし、検定料の返金などには応じられませんので、あらかじめご了承ください。
    Q
    電卓の制限はありますか?
    A
    1~5級の2次:数理技能検定で、一般的な電卓や関数電卓、グラフ電卓がご使用になれます。
    通信機能や印刷機能を持つもの、携帯電話・電子辞書、およびパソコンなどの電卓機能はご使用になれません。
    Q
    持ち物(ものさし・定規、コンパス、分度器、電卓など)を忘れてしまいました。
    A
    貸し出しはありませんので、忘れ物のないようご注意ください(階級によって持ち物が異なります)。
    くわしい持ち物について個人受検の流れをご確認ください。
    Q
    遅刻をしても入室できますか?
    A
    検定開始後30分以内(6~11級は15分以内)の遅刻は認められます。 ただし、検定時間の延長は認められません。
    Q
    途中で休憩時間はありますか?
    A
    1~5級の1次検定と2次検定の間に休憩時間があります(10~20分程度)。
    Q
    受検したときの検定問題は持ち帰れますか?
    A
    今後の学習のために、お持ち帰りください。
    Q
    模範解答はありますか?
    A
    検定日から約2週間後に公式サイト上で公開します。また、検定結果通知にも同封いたします。
    模範解答からご確認ください。
  • Q
    問題集などを取り寄せることはできますか?
    A
    協会では、直接の販売はしていません。最寄りの書店やAmazon.co.jpをご利用ください。
    Q
    受検の準備で何か学習方法はありますか?
    A
    過去問題集や参考書などが出版されていますので、参考にしてください。
    くわしくは関連書籍のページでご確認ください。
    Q
    問題集はどこで購入できますか?
    A
    各出版社から発行されている問題集は関連書籍ページでご紹介しています。最寄りの書店またはAmazon.co.jpでお買い求めください(店頭に置いていない場合は、書店にご注文ください)。
    当協会発行の書籍につきましては、書店でお買いお求めになれないものもございます。
    くわしくは関連書籍のページでご確認ください。