高等学校卒業程度認定試験について

実用数学技能検定1級、準1級、2級を取得することで、文部科学省が行う「高等学校卒業程度認定試験(旧「大検」)」の必須科目「数学」が試験免除となります。

これは平成17年1月31日付で文部科学省が告示したものです。

文部科学省告示第六号はこちら

文部科学省では生涯学習社会を築いていくためには、さまざまな学習の成果が適切に評価されるとともに、この成果を広く社会で活用することが重要だとしており、そのなかで実用数学技能検定も引き続き活用されることとなりました。

高等学校卒業認定試験で実用数学技能検定の合格を証明する場合には、「合格証明書」が必要となります。

申請方法は「合格証明書の申請方法」をご覧ください

合格証明書の申請方法はこちら