実用数学技能検定グランプリ

実用数学技能検定グランプリとは

実用数学技能検定グランプリは、積極的に算数・数学の学習に取り組んでいる団体・個人の努力を称え、さらに今後の指導・学習の励みとする目的で、とくに成績優秀な団体および個人を表彰する制度です。

毎年、実用数学技能検定を受検した団体・個人からそれぞれ選出されます。

実用数学技能検定グランプリの各賞について

実用数学技能検定グランプリには、下記の賞がございます。

個人賞

文部科学大臣賞

継続して実用数学技能検定を受検し、永く学習活動を続けられ、卓越して優秀な成績を収めた合格者のなかから、当協会の顕彰評価会議(有識者による会議)によって認められた方に贈られます。
※対象となる階級=1~5級(準1、準2級を含む)の7階級。

実用数学技能検定グランプリ金賞

継続して実用数学技能検定を受検し、永く学習活動を続けられ、優秀な成績を収めた合格者のなかから、当協会の顕彰評価会議(有識者による会議)によって認められた方に贈られます。

実用数学技能検定グランプリ会長賞

継続して実用数学技能検定を受検し、永く学習活動を続けられ、優秀な成績を収めた合格者のなかから、顕彰評価会議(有識者による会議)によって認められた家族や年長者に贈られます。

団体賞

文部科学大臣賞

実用数学技能検定グランプリ奨励賞を受賞した、小学校、中学校、高等学校、高等教育(大学・短期大学・高等専門学校)、一般団体、公教育団体の6部門のなかから、顕彰評価会議(有識者による会議)によって認められた、卓越して優秀な団体に贈られます。
※対象となる部門=全6部門(各1団体)。

実用数学技能検定グランプリ金賞

実用数学技能検定グランプリ奨励賞を受賞した、小学校、中学校、高等学校、高等教育(大学・短期大学・高等専門学校)、一般団体、公教育団体の6部門のなかから、顕彰評価会議(有識者による会議)によって認められた団体に贈られます。

実用数学技能検定グランプリ奨励賞

積極的に実用数学技能検定を活用され多大な成果を挙げられた団体のなかから、当協会の選考会によって認められた団体に3か月おきに贈られます。

実用数学技能検定グランプリ 受賞者・受賞団体一覧

平成28年7月表彰 第24回実用数学技能検定グランプリ

PDFファイルをご覧になれない方は、最新のAdobe® Reader® (無料)をインストールしてください。