基本理念

日本数学検定協会の理念やビジョンについて、ご覧になれます。

協会の理念

当協会は、以下を協会の理念として掲げ、活動しています。

信頼性と有用性が高く、学習指針として広く認められる数学に関する検定事業を実施し、
得られた知見を社会に還元することを通じて、
世界中の人々の生涯にわたる数学への興味喚起と数学力の向上に貢献する。

協会のビジョン

当協会は、協会の理念を実現するためには日本国内のみならず国際社会においても中長期的に検定事業を発展させる必要があり、以下の3つのビジョンを掲げて事業を推進しております。

数学の生涯学習化

1

数学の生涯学習化

実用数学技能検定「数検」の受検者数は日本の数学人口を捉えるうえで重要な指標であることを認識し、受検者数50万人の達成をめざすとともに、老若男女問わず数学を学ぶ環境を構築していきます。

数学学習のデファクトスタンダード化

2

数学学習のデファクトスタンダード化

日本で培ってきた検定事業の知見を還元し、フィリピンやタイ、インドネシアなどのアジア諸国を中心にSukenを実施し、数学学習のデファクトスタンダード化をめざします。

数学嫌いをなくし数学好きを増やす

3

数学嫌いをなくし数学好きを増やす

算数・数学に関するコンテンツやイベントなどをとおして算数・数学の良さやおもしろさを伝え、算数・数学嫌いをなくし、算数・数学好きを増やす取り組みを進めてまいります。

シンボルマーク

シンボルマーク

このシンボルマークは、円周率を表す数学記号「π」をモチーフに制作しました。

「π」は、もっとも重要な数学定数といわれており、コンピュータの発達や宇宙開発など人類が今日に至るまで必要不可欠な数値です。また、無限に続く超越数という神秘的な数値でもあり、数学のロマンを感じさせます。

「『実用数学技能検定』を通じて、世界中の人々の生涯にわたる、数学への興味喚起と数学力の向上に貢献し、これからの未来に向けて人類の発展に寄与したい」、当協会は、そんな想いを無限の可能性を秘めた「π」に託し、シンボルマークとして表現しました。

コンセプトカラーは、以下の4色で表しています。

緑色

緑色

「数学で世界中の人々に平和と安全を」という想い

青色

青色

「アカデミックでロジカルな数学のイメージ」

オレンジ色

オレンジ色

「数学の楽しさで世界を明るく元気にしたい」という想い

紫色

紫色

「数学の持つ神秘性」

この4色で塗り分けられた「π」は、同じ色がとなりあわないように塗り分ける数学の難問「四色問題」も意識しており、どんなに難しい問題もあきらめずに果敢にチャレンジしていく当協会のスピリッツを表現しています。