ごあいさつ

日本数学検定協会からごあいさつを申し上げます。

会長のごあいさつ

甘利 俊一

甘利 俊一

公益財団法人 日本数学検定協会 会長
理化学研究所 栄誉研究員
東京大学 名誉教授

数学はおもしろい、夢中になってしまう、これがみなさんの感想ではないでしょうか。私もそうです。だから、人類は古代から数学を作ってきたのでした。ギリシャで、中国で、アラビアで、インドで、数学は生まれ育ちました。日本でも江戸時代の和算は相当のレベルに到達したのです。

これは、脳のなせる技です。人の脳はいつのまにか、数学的な思考をするように発展したのです。これは、言語をあやつり、概念を作り、関係を調べる、こうした能力と同じ根を持ちます。

人類は、社会生活のなかでこの能力を培ってきました。仲間との共同作業にはコミュニケーションが必要で、そのためには自分の意図を自分で知り、相手の意図を理解する心が必要です。心、意識、言語、数学など、みな同じ脳の産物です。数学は知の体系として文明社会で確立し、発展してきています。数学的に考えることは楽しい。それなのに、世の中には数学嫌いも多い。これはなぜでしょうか。

学習の課題が年次ごとに設定され、教育課程として固定化し、試験の対象となってしまった。これは、社会のシステムとして、やむをえないのかもしれない。でも、これが数学をじっくりと考える楽しみを奪い、解き方を知識として暗記し、すばやく応答するという技に変えてしまった。脳はそのような暗記はきらいです。考えることが好きなのです。

数学はこれを職業とする純粋数学者のためのものであり、他の人々は受験科目として耐え忍び、時には点を稼ぐのに効率の良い科目であるなどという誤解が拡がります。だから、2次方程式の解法など教える必要はない、日常生活でそんなものは使ったこともない、などという評論をする有名人が現れます。

数学は受験のためのものでしょうか。とんでもない、人間の本性に根ざす、考える喜び、ものごとを筋道を立てて整理し、推論し、解を求める喜びにあるのです。だから、数学者にならない人でも、理科系はもちろんのこと、文科系の人たちにも、数学の素養が必要で、その楽しさを知ることが役に立つのです。これは人類の築いた文化なのです。

初代の一松信会長、次代の秋山仁会長に続いて、私が三代めの会長に推挙されました。たいへん重い役ですが、数学の好きな私にとって、このような喜ばしい仕事を晩年にできることは身に余る光栄です。
皆さんとともに、数学の楽しさを味わい、同志を拡める道を進んでゆきましょう。

理事長のごあいさつ

清水 静海

清水 静海

公益財団法人 日本数学検定協会 理事長
帝京大学大学院 教職研究科長・教授
公益社団法人 日本数学教育学会 名誉会長

2020年度は、新型コロナウイルス感染の拡大(以下、コロナ禍)にともない、学校では、臨時休校、変則的な登校などを余儀なくされるなど学びの環境が急変しました。教育現場では、学びの「取り戻し」や「質の確保」に向けてさまざまな工夫がなされてきました。関係のみなさまのご尽力に敬意を表します。また、教育現場がこうした営みに注力できた背景には、医療従事者をはじめ、エッセンシャル・ワークに従事されるみなさまの献身的なご協力がありました。あらためて感謝申し上げます。

公益財団法人日本数学検定協会(以下、当協会)でも、コロナ禍のなかで、たとえば、実用数学技能検定(以下、数検)において、検定の延期、変則的な対応を余儀なくされ、ご迷惑、ご心配をおかけしました。お陰様で、8月検定以降では、コロナ禍のなかでありながら、一昨年とほぼ同じ志願者数となりました。受検者のみなさまの算数・数学の学びに対する旺盛な意欲と飽くなきチャレンジ精神に、あらためて敬意を表します。このことは、当協会の社会的な使命を再認識させていただく重要な機会となりました。また、with/postコロナに向けて一層研鑽に励み、みなさまのご期待にお応えしていくことについて、決意を新たさせていただく機会ともなりました。

今、Society5.0時代が到来しつつあり、そこでは、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT(Internet of Things)、ロボティクスなどの先端技術が高度化し、あらゆる産業や社会生活に取り入れられる社会に変貌し、社会のあり方そのものが、これまでとは「非連続」と言えるほど劇的に変わる状況が生まれると言われています。そこでは、将来の成長、競争力強化のために、新たなデジタル技術を活用して新たなビジネスモデルを創出したり、これまでのモデルを柔軟に改変したりすること、すなわち、DX(デジタルトランスフォーメーション)が喫緊の課題とされ、DXを支える人材を育成すること、データサイエンスや数理科学についての素養、すなわち、リテラシーを、広く国民の教養として培うことが強く要請されています。大学教育では、データサイエンスに関わる授業科目を、国の規定する枠組みに基づいて各大学が設定し、理系・文系の枠を超えて、すべての大学生が学ぶことが義務づけられようとしています。算数・数学の学びは、このリテラシーを支える重要な基盤となることは間違いありません。それは、算数・数学についての知識や技能を身につけ、それらを活用して問題解決をすることにとどまるものではありません。「学び」の基本を実体験し、ものごとを考えたり、説明したりすることはもとより、情報と賢く対応する基本的な構えも鍛えられることになるでしょう。

コロナ禍のなかで、子どもたちに、学校や教師からの指示・発信がないと「何をして良いか分からず」学びを止めてしまうという実態が見られ、「学びにおける自立」における課題が顕在化したとされています(中央教育審議会答申「令和の日本型学校教育の構築」(2021.1)、以下、答申) 。そして、「多様な子ども1人ひとりが自立した学習者として学び続けていけるようにすること」の必要性が指摘されています。受検者のみなさまは、算数・数学の学びにおいて、「学びにおける自立」を成し遂げられており、頼もしく思います。みなさまは、算数・数学の学びは「楽しくておもしろい」「可能性を広げてくれる」「夢や願いをかなえるために必要である」など、学ぶ目的や動機を自覚され、学び方や自己調整しながら学びを継続していく力をしっかりと身につけています。学びについての基本的な構えは、不確実性や複雑性が一挙に進み、これまでの日常との非連続な事態が生起すると言われる社会で、冷静かつ果敢に課題に挑戦する際に基盤として働くものとして重要です。「SDGs(持続可能な開発目標/2015年設定)」やSTEAM教育を巡る世界的な動向を踏まえ、小中高の教育では、教科等横断的な学びを一層充実させ、その成果を各教科の学びに還元することにより、学びへの意欲を高めることが期待されています(答申)。このことに応えるものともなるでしょう。

当協会では、受検者の多様なニーズの的確な把握と全世代への対応、AI時代を見通した新たな学びの枠組みの提供、これまでに蓄積したビッグデータの活用などに取り組んでまいります。引き続きご支援、ご協力を賜りますようお願いを申し上げ、ご挨拶とします。