ごあいさつ

公益財団法人 日本数学検定協会 会長

甘利 俊一

理化学研究所 脳科学総合研究センター 特別顧問

東京大学 名誉教授

数学はおもしろい、夢中になってしまう、これが皆さんの感想ではないでしょうか。私もそうです。だから、人類は古代から数学を作ってきたのでした。ギリシャで、中国で、アラビアで、インドで、数学は生まれ育ちました。日本でも江戸時代の和算は相当のレベルに到達したのです。

これは、脳のなせる技です。人の脳はいつのまにか、数学的な思考をするように発展したのです。これは、言語をあやつり、概念を作り、関係を調べる、こうした能力と同じ根を持ちます。

人類は、社会生活の中でこの能力を培ってきました。仲間との共同作業にはコミュニケーションが必要で、そのためには自分の意図を自分で知り、相手の意図を理解する心が必要です。心、意識、言語、数学など、みな同じ脳の産物です。数学は知の体系として文明社会で確立し、発展してきています。数学的に考えることは楽しい。それなのに、世の中には数学嫌いも多い。これはなぜでしょうか。

学習の課題が年次ごとに設定され、教育課程として固定化し、試験の対象となってしまった。これは、社会のシステムとして、やむをえないのかもしれない。でも、これが数学をじっくりと考える楽しみを奪い、解き方を知識として暗記し、すばやく応答するという技に変えてしまった。脳はそのような暗記はきらいです。考えることが好きなのです。

数学はこれを職業とする純粋数学者のためのものであり、他の人々は受験科目として耐え忍び、時には点を稼ぐのに効率の良い科目であるなどという誤解が拡がります。だから、2次方程式の解法など教える必要はない、日常生活でそんなものは使ったこともない、などという評論をする有名人が現れます。

数学は受験のためのものでしょうか。とんでもない、人間の本性に根ざす、考える喜び、ものごとを筋道を立てて整理し、推論し、解を求める喜びにあるのです。だから、数学者にならない人でも、理科系はもちろんのこと、文科系の人たちにも、数学の素養が必要で、その楽しさを知ることが役に立つのです。これは人類の築いた文化なのです。

初代の一松信会長、次代の秋山仁会長に続いて、私が三代めの会長に推挙されました。たいへん重い役ですが、数学の好きな私にとって、このような喜ばしい仕事を晩年にできることは身に余る光栄です。
皆さんとともに、数学の楽しさを味わい、同志を拡める道を進んでゆきましょう。

公益財団法人 日本数学検定協会 理事長

清水 静海

帝京大学 教育学部 教授

公益社団法人 日本数学教育学会 名誉会長

公益財団法人日本数学検定協会(以下、当協会)は、「実用数学技能検定」の創設から間もなく30年を迎え、お陰様で、2016年度は検定志願者がのべで36万人を超え、累計ではのべ500万人を突破いたしました。この間、「数学検定」を「数学検定・算数検定」とし、小学生受検者に親しみやすいものに名称を改めました。また、「ビジネス数学検定」を創出して社会人からのニーズに、「かず・かたち検定」を創出して就学前の幼児や保護者からのニーズにそれぞれお応えできるようにしてきました。さらに、出版事業も軌道に乗せることができ、算数・数学の学びを支える諸情報の発信も活発に展開しています。いずれも、検定受検者ならびにかれらを支え導いてくださった多くの皆さまのご支援の賜と感謝申し上げます。

さて、小中学校の次期学習指導要領が2017年3月文部科学省より公示され、高等学校学習指導要領は今年度中に公示が予定されています。今世紀は知識基盤社会と言われて久しい中、進化した人工知能(AI)がさまざまな判断を行ったり、身近な物の働きがインターネット経由で最適化されたりする時代の到来、いわゆる第4次産業革命の進展が言われています。そこで、たくましく、そして豊かに生き抜いていけるために、児童・生徒が学校教育を通じて身につける必要がある資質・能力をどのようにとらえたらよいか、そして、それらをどのように身につけていくか、いずれも次期学習指導要領での重要な論点となっています。

第4次産業革命のまっただ中で、たくましく、そして豊かに生き抜いていくためには、「人間ならではの強み」に着目し、自らの可能性を拡げ、それを発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となっていけるようにすることが重要であるとの認識があるようです。「人間ならではの強み」は「感性を豊かに働かせながら、(中略)目的を自ら考え出すことができる」こととし、「解き方があらかじめ定まった問題を効率的に解いたり、定められた手続を効率的にこなしたりすること」にとどまらず、「主体的に学び続けて自ら能力を引き出し、自分なりに試行錯誤したり、多様な他者と協働したりして、新たな価値を生み出していくために必要な力を身につけること」が必要であるとしています。算数・数学の学びを通して、このことに深く関わることができると考えます。

また、大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト(仮称)」(以下、共通テスト)が提案され、このテストは2020年度(2021年度入学者選抜)から現行学習指導要領の内容に基づいて、次期学習指導要領に基づくものは2024年度(2025年度入学者選抜)からそれぞれ実施される予定になっています。共通テストでは、一部問題で部分的に記述式が採用され、数学関係での記述式問題は、出題科目「数学Ⅰ」と「数学Ⅰ・数学A」において、出題範囲を「数学Ⅰ」の内容に絞って出題されることとなっています。当協会の実用数学技能検定の準2級、できれば2級を合格できる水準の数学力を身につければ十分対応できると思います。実用数学技能検定では、創設当時から完全な記述式の解答を原則とし、検定受検者に数学の確かで豊かな理解を実現することをめざしてきました。複数回受検の機会を生かし、数学力を自己評価しつつ、それに基づいて数学力を着実に向上させることができます。

今後は、CAREMATH(ケアマス)やMath Math Media(マスマスメディア)などの視点から事業を拡大するとともに、2016年2月に創設した学習数学研究所の機能を充実させ、検定事業を通じて得られたビッグ・データの分析を踏まえ、さまざまな知見を広く社会に還元するため、算数・数学の学習者ならびにその指導者の双方にお役立ていただける有益な情報を発信していくこととしています。みなさまのこれまでの温かいご指導とご鞭撻に感謝し、これからも引き続きご支援を賜りますようお願いを申し上げ、挨拶とします。