努力で手にした数検準2級合格

  • 準2級
  • 阿部 友亮さん
    (栃木県・一般)
努力で手にした数検準2級合格
努力で手にした数検準2級合格

初めて「数検」を受検したのは、中学生のころでした。そのときは残念ながら不合格となり、それ以降受検をためらっていました。しばらくして将来に役立つのではないかと考え、数検に再び興味を持ち受検したいと考えていましたが、持病による入院などもあり、なかなか受検をすることができませんでした。

2020年に入り、持病のほうも落ち着いているため数検を受検するべく、勉強を始めました。まず検定用の参考書を使用し、数検の合格に必要な知識などを身につけ、演習問題でそれを定着させていきます。その後は過去問題を使用して、検定問題に慣れるように努めました。私は目が不自由で、図形に関する問題が苦手なこともあり、図形についてはとくに力を入れて対策をしました。

1回めの検定では、1次のみ合格となりましたが、さらに対策を行い、次の検定で2次にも合格することができました。視覚に障害があっても努力をすれば合格することができると実感し、とてもうれしく思いました。今後もより上の級の取得をめざし、勉強を続けていきたいと思います。