合格体験記

2級

好きです。数学

小泉 幸一さん(千葉県・中学校2年生)

僕は数学が大好きです。数学検定のように問題を解くのも好きだし、研究課題みたいなものを決めて、あれこれ考えるのも好きです。

数学検定の勉強では、日本数学検定協会発行の数学検定問題集を使っています。分からないところは徹底的に調べ、「理解」します。しかし、数学というものは、完全に「理解」することは不可能です。なぜなら、1つ解けたらその次の疑問が浮かんでくるからです。これは数学検定の勉強中にもごく普通に起こることで、ついその疑問に気をとられてしまったりします。でも、これだって立派な数学です。

今のこの世は数学嫌いが多いと思っていますか? 僕もそう思います。しかし、本質的に「嫌い」な人はそういません。考えることを放棄した人と、周りに影響されて「あぁ、数学って難しい」と思い込んでいる人。これがいわゆる「数学嫌い」だと思います。そういう人には、何か疑問を持ってほしい、とは言いません。何でもいいから、数学を「遊び」として捉えてほしいのです。僕が2級に合格できたのは、この考え方で、遊びの一環として数学を学び、楽しんだから。本を読んでいて、読めない漢字があったら辞書で調べる。数学だって同じだと思えば(というより同じですが)、とても自然なのです。

僕は数学をこれからも好きでいます。数学検定のアンケート「なぜ受検しようと思ったのですか?」もちろん「好きだから」です。もっとも自然な答えです。みなさんも、数学を好きでいてください。

合格体験記 一覧に戻る