団体活用事例

合格することで基礎学力の獲得を実感でき、児童の自信にもつながる

立命館小学校(京都府)小学校
お話:伊藤邦人教諭

基礎学力定着の指標として最適な「算数検定」

本校では、小学校の学びで最も重要なことは「基礎学力の形成」であると考えています。
基礎力をしっかりと鍛えることで、それをもとに自らの力で考え、応用し、発展させる力が身についていきます。
子どもたちの基礎学力が定着しているのかどうかを確かめるうえで、学校内のテスト(指標)に加えて、外部指標を取り入れることにより、より定着度が把握できるのではないかと考えていました。
「算数検定」は、基礎基本の問題はもちろん、身近な題材を使った問題や深い思考力を問うような問題など、良問がバランスよく出題されているので、外部指標として最適と考えて導入しました。

「算数検定」合格に向けた学習

毎年、検定の本番前には、たとえば授業内で算数検定のプレテストを行ったり、基礎学力が不十分だと感じる児童に関しては、本校独自の「寺子屋」とよんでいる放課後の個別補習でフォローをしたりしています。また、毎日の宿題プリントに算数検定の類題を出題し、これまでの復習も兼ねて児童に取り組ませることもあります。

「算数検定」合格が自信につながる

「算数検定」は、ふだんのテストとは違う外部の検定試験ということもあり、合格した児童は、基礎学力が身についてきていることを実感していて、自信につながっていると思います。また、算数検定に出題されている思考力を問われるような問題に知的好奇心をくすぐられ、楽しんで問題を解いている児童の様子が見られることもとても良い傾向だと思います。
指導者の立場としても、児童の検定結果を確認することで日々の指導を振り返るきっかけになっていますし、計算力や苦手な単元など、児童のかかえている課題を把握して、今後の指導に活かすことができています。
これからも、本校独自の教材・きめ細かな指導(全学年ティームティーチング制など)を軸にしたうえで、基礎学力定着を確認するツールとして「算数検定」を活用して、本校がめざす「確かな学力形成」、そしてさらなる児童の学力向上につなげていきたいと思います。