団体受検の流れ

検定日の詳細はこちらをご覧ください。

  1. 1

    【受検申し込みの1週間前まで】実施校登録申請

    実用数学技能検定の団体受検をはじめて実施する場合、事前に「実施校」としての登録が必要です。

    すでに実施校登録をしている場合は、再度申請する必要はありません。

    申請方法

    • 「実施校登録申込フォーム」からご申請くださるか、または下記ボタンから「実施校申込書」をダウンロードしてご記入後、FAXでご送信ください。

      ※海外の団体がご登録くださる場合は、「実施校登録書」をダウンロードして必要事項をご記入後、FAXでご送信ください。

      実施校登録申込フォーム

      03-5812-8345(24時間受付)

    • 「実施校申込書」を受理後、「実用数学技能検定実施校に関する契約書」が2通郵送されます。契約書は、2通とも記名・捺印し、どちらか1通を当協会にご返送ください。

    • 当協会が契約書を受理した後、「団体専用マイページID」と「パスワード」を郵送します。

      ※登録完了のお知らせはいたしておりませんのでご了承ください。

  2. 2

    【申し込み締め切り日の2~3日前まで】志願者の募集

    1回の検定につき5人以上の志願者が必要となります。「掲示用ポスター」や受検申込書つきの「団体受検案内」をご利用ください。

    各種資料のダウンロード

    検定の免除申請について

    平成9年度以降に実用数学技能検定準1~5級の1次:計算技能検定または2次:数理技能検定に合格している方が、同じ階級の1次免除または2次免除で受検する場合、検定料の1,000円引きが適用されます。この適用を受けるためには、該当する1次または2次合格証に記載された合格証番号がお申し込みの時に必要です。志願者から回収する受検申込書にこの番号が記入されているかを必ずご確認ください。

    ※検定終了後の合格証書の提出は不要になりました(2015年1月検定から改訂)。

    併願受検について

    団体受検の算数検定(6~11級、かず・かたち検定)のみ併願受検ができます(同一の志願者が同一の検定日に同一の会場に限り、隣接した2階級まで併願受検することができます)。
    ※2018年6月検定から変更。
    ※併願する場合は階級ごとに受検申込書を提出してください。
    ※団体受検の「準1~5級」、個人受検の「1~11級」はこれまでどおり併願受検することはできません。これらのことが判明した場合は、いずれも無効になります。

  3. 3

    【申し込み締め切り日当日まで】受検申し込み

    申し込み受付期間内に、下記のいずれかの方法で受検申し込みを行います。

    ※締め切り日後の追加・訂正はお受けできません。
    また、一旦納入された検定料は理由の如何によらず返還いたしません。また次回以降への充当もできません。

  4. 4

    申し込み内容・検定実施に関する資料の確認

    マイページ申込の場合

    申し込み確定後、団体専用マイページで申し込み内容をご確認ください。
    「検定実施に関する資料」を、申し込み締め切り日の2~3日後に団体専用マイページの「重要なお知らせ」に掲載いたしますので、保存または印刷して事前に必ずお読みください。

    • ※マイページ申込では、お申し込み内容の確認書類を当協会からFAXでお送りすることはなくなりました(2015年1月検定から変更)。

    郵送申込の場合

    申し込み後約7日後(当協会の休業日を除く)に、ご担当者あてにFAXで「検定申込確認書」と「受検者一覧表」「検定実施に関する資料」の3点をお送りします。

    • ※上記3点の書類がご担当者あてに届かない場合、検定問題が発送されませんのでご注意ください。
    • ※申し込みをしてから10日を経過してもFAXが届かない場合は、下記連絡先まで直接ご連絡ください。

    FAX未着の際の連絡先

    03-5812-8341(月~金 9:30~17:00 ※祝日・年末年始・当協会の休業日を除く)

  5. 5

    【申し込み締め切り日から7日前後】請求書の発送

    • 申し込み締め切り日から、7日前後(当協会の休業日を除く)に「SMBCファイナンスサービス株式会社 決済ステーション 払込票発送担当」から「請求書兼払込票」を封書で発送いたします。
    • 金額をご確認のうえ、請求書に記載の支払期限までに検定料をお支払いください。コンビニエンスストアまたはゆうちょ銀行(郵便局)でお支払いになれます。

    ご注意ください

    • ※申し込み締め切り日の翌日以降に欠席が判明した場合も検定料が発生します。
    • ※一旦納入された検定料は理由の如何によらず返還いたしません。また次回以降への充当もできません。
    • ※コンビニエンスストアでは30万円を超える払い込みができません。その場合は、ゆうちょ銀行からお支払いください。
    • ※法令により、ゆうちょ銀行で10万円を超える払い込みには団体の証明書類が必要になります。
    • ※払込票に印字されている金額を、訂正なさらぬようお願いいたします。
    • ※検定料の払い込みが確認できない場合、検定結果の発送やマイページでの合否確認サービスのご利用ができないことがあります。
    • ※申し込み締切日から10日たっても請求書が届かない場合は、当協会までご連絡ください。

    海外で団体受検を実施する場合

    海外で団体受検を実施する場合、上記の「請求書兼払込票」は発行いたしません。お申し込み確定後、下記いずれかの口座に検定料を振り込み、申し込み締め切り日から1週間以内に検定日・団体名をご記入のうえ、領収書・明細書などを当協会へFAXでご送信ください。

    • ※海外からの送金では、「支店番号377」「インターナショナルソースコード:ABA」が必要です。スイフトコードが必要な場合は、「BOTKJPJT」をご指定してください。

    三菱UFJ銀行

    金町支店 (普通)0719826
    口座名義:公益財団法人日本数学検定協会

    ゆうちょ銀行(郵便局)

    郵便振替口座:00130-5-50929
    加入者名:公益財団法人日本数学検定協会

    03-5812-8345(24時間受け付け)

  6. 6

    【検定日の前日まで】検定資材(検定問題など)の到着

    検定日の前日までに、「検定資材」が到着いたします。

  7. 7

    【検定日当日】検定の実施・解答用紙の返送

    検定日当日は、検定問題と一緒に送られる「検定実施に関する資料」の「団体受検実施の流れ」にそって検定を実施してください。
    検定を実施した後は、解答用紙をはじめとした必要書類を、可能な限り検定日当日(当日返送ができない場合は翌日中)に配達記録が残る方法で所定の返送先へ返送してください。著しく解答用紙の返送が遅れた場合、合否結果の発送が遅れたり採点結果が無効になることがあります。

  8. 8

    【検定日から約2週間後】模範解答の確認

    検定日から約2週間後に、模範解答を公式サイトで公開いたします(公開期間は約30日間)。

    模範解答

  9. 9

    【検定日から約3週間後】団体専用マイページでの合否確認

    検定日から約3週間後に、団体専用マイページで受検者の合否結果を確認することができます。

    団体専用マイページ

  10. 10

    【検定日から約30日後】検定結果の到着

    検定日から約30日後を目安に、検定結果が担当者へ送付いたします(年末年始など、当協会の休業日を除く)。
    送付する資料は以下の5点です。

    • 検定結果一覧(指導者用)
    • 模範解答
    • 合格率および正答達成率一覧
    • 合格証 ※受検者に配付してください
    • 個別成績票 ※受検者に配付してください