プレスリリース

2017年9月1日

公益財団法人 日本数学検定協会

東大寺に奉納した「算額」の優秀解答を発表

~10歳代2人と50歳代が受賞~

「算額1・2・3」ロゴ

 

 

公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、2017年1月23日(月)に華厳宗大本山「東大寺」(所在地:奈良県奈良市)に奉納した数学の額「算額」2問の解答を募集し、2017年7月31日(月)に締め切り、優秀解答を選出いたしました。

 

特設サイト「算額1・2・3」: http://www.sangaku123.jp/

 

 

■問題一は「大仏様は両手で何リットルの水をすくえるか?」10歳代の2人が優秀解答に選出
東大寺の大仏様の手には「水かき」があることから、問題一は「大仏様が両手で水をすくいあげるとき、何リットルの水をすくうことができるでしょうか?」でした。問題がユニークだったことや、実際に自分の手と比べたりできることから、多くの解答が寄せられました。実際に実験してみた結果から、考察した解答が多くみられました。
当協会の選考委員ですべての解答を選考したところ、グラフを用いて解答を表現したペンネーム「五目焼きそばサイコーラーメン探検隊(20人)」さん(14歳)を最優秀解答に選出いたしました。優秀解答には、手や水かきの面積を求めて答えを導いた柴田真優さん(小学6年生、11歳)を選出しました。

 

  

2017年東大寺に奉納した算額(問題一)

■問題二は「香木『蘭奢待』の平均密度は?」難解な問題を解いた50歳代が前回に続き2回めの受賞
蘭奢待(らんじゃたい)とは天下第一の名香と呼ばれている天然香木で、東大寺正倉院(現在は宮内庁が管理)に収蔵されています。問題二はそれを題材にした「蘭奢待の長さや重さをもとにしたとき、蘭奢待の平均密度はどのくらいであると考えられますか?」でした。さまざまなアプローチが考えられるとはいえ、難解な問題だったため、応募数は問題一より多くはありませんでした。しかしながら、応募のあった解答はどれも果敢に挑戦したことがうかがえました。
多くの人が円柱や円錐に近似させることにより密度を求める方法をとっていたなか、方眼を当てることでより正確に密度を求める考え方で答えを導いた狩山勝さん(54歳)を優秀解答に選出しました。狩山勝さんは、前回2016年に発表した算額の問題二でも優秀解答に選出されており、今回で2年連続優秀解答受賞となります。 

 

 

 

 

 

 

 

 2017年東大寺に奉納した算額(問題二)

 

<2017年「算額1・2・3」優秀解答者一覧>
●問題一 最優秀解答:「五目焼きそばサイコーラーメン探検隊(20人)」さん(14歳) 
     優秀解答:柴田 真優さん(小学6年生、11歳)
●問題二 優秀解答:狩山 勝さん(54歳)
※問題一は優秀解答が複数のため、うち1つを最優秀解答として選出いたしました。

 

 

当協会は、毎年1月23日を「算額文化を広める日」と定め、今後も継続的に問題を発表していく予定です。主たる公益事業である「実用数学技能検定(算数検定・数学検定)」の実施のほかに、広く国民のみなさまに算数・数学を学習する大切さや、楽しさを伝える普及啓発事業を充実させていく所存です。

 

 

【「算額1・2・3」とは?】数学文化推進の礎として、年々関心が高まる算額
算額とは、江戸時代の日本で、数学者や一般庶民の数学愛好家たちが額や絵馬に数学の問題や解法を記して、神社や仏閣に奉納しあった歴史あるものです。
「算額1・2・3」は、当協会の理念でもある「算数・数学への興味喚起」を広く国民のみなさまに促すための活動の一環として、算額という古来先人たちが取り組んだ「数学の学びの文化」を現代に復興し、日本の数学文化推進の礎にしたいという想いから企画立案いたしました。また本企画は「算数・数学に興味をもっていただく機会の増進」「算数・数学を通じた人々の交流の活性化」等を目的としています。

 

 

2017年に東大寺に奉納した算額(説明)

お問い合わせ先

【本リリースに関するお問い合わせ先】
公益財団法人 日本数学検定協会 広報宣伝室
TEL:03-5812-8342
FAX:03-5812-8346
E-mail:kouhou@su-gaku.net
URL:http://www.su-gaku.net/