F ● この検定基準が含まれる階級 … 3級、4級
● 目安となる程度 … 中学校2年程度
検定の内容

文字式を用いた簡単な式の四則混合計算、文字式の利用と等式の変形、一元一次不等式、連立方程式、平行線の性質、平行線と線分の比、三角形の合同条件、四角形の性質、相似条件、一次関数、確率の基礎、相関図と相関表 など

技能の概要

社会で主体的かつ合理的に行動するために役立つ基礎的数学技能

  1. 2つのものの関係を文字式で合理的に表示することができる。
  2. 写真・地図・印刷物の拡大縮小時の材料計算ができる。
  3. 簡単な情報をヒストグラムなどで表示することができる。