D ● この検定基準が含まれる階級 … 2級、準2級
● 目安となる程度 … 高校1年程度(数学Ⅰ・数学A程度)
検定の内容

数と集合、数と式、二次関数・グラフ、二次不等式、三角比、データの分析、場合の数、確率、整数の性質、 n進法、図形の性質、等差数列、等比数列、コンピュータ(流れ図・近似値)、統計処理の基礎、離散グラフ、数学の歴史的観点 など

技能の概要

日常生活や社会活動に応じた課題を正確に解決するために必要な数学技能(数学的な活用)

  1. グラフや図形の表現ができる。
  2. 情報の選別や整理ができる。
  3. 身の回りの事象を数学的に説明できる。