• TOP
  • 幼児・小学生の保護者の方

幼児・小学生の保護者の方

算数検定とは

算数の実力を知ることができる、全国レベルの検定です。

算数検定は、正式名称を「実用数学技能検定」といいます。

実用数学技能検定には、1級から11級と準1級、準2級、かず・かたち検定のゴールドスター、シルバースターを合わせて全部で15の階級があり、そのうちの算数領域である6級から11級、かず・かたち検定を、通称「算数検定」と呼んでいます。

数学・算数の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測る記述式の検定として、年間30万人以上の方が受検しています。

算数・数学の学習をとおして身に付く力

算数・数学の学習をとおして、計算の力や図形の問題を解く力が身につくのはもちろんのこと、以下のようなさまざまな能力が身につきます。

  1. その1

    道筋を立てて考えられる「論理的思考力」

  2. その2

    自分の考えを表現できる「コミュニケーション能力」

  3. その3

    文章問題で、本当に問われていることを導き出せる「読解力」

  4. その4

    一度使用した解き方を他の問題でも使用できる「応用力」

  5. その5

    一方向からの視点だけでは解けない問題に取り組める「多角的な視点」

これらの5つの能力はのちの将来に必ず役立つものですが、これらの能力の必要性を子どものうちに理解することは難しいことです。
なので「数の楽しさ」「数字の不思議」により幼いころからたくさん触れておくことで、苦手意識を持たずに算数好き・数学好きに成長し、これらの大切な能力を自然と身につけていけるのではないかと、私たちは考えます。

目安となる学年と階級

就学前児童の場合

就学前のお子様
が多く受検しているのは

かず・かたち検定

さらに
小学校入学前の力試し
として受検するなら、

小学校1年を受検の目安としている
11級

小学生の場合

小学1年生が多く
チャレンジしているのは

11級

小学2年生が多く
チャレンジしているのは

10級

小学3年生が多く
チャレンジしているのは

9級

小学4年生が多く
チャレンジしているのは

8級

小学5年生が多く
チャレンジしているのは

7級

小学6年生が多く
チャレンジしているのは

6級

さらに
中学校入学前の力試しとして受検するなら、

中学校1年を受検の目安としている
5級

オススメの検定対策

  1. まずは公式サイトで公開されている「検定過去問題」をご確認ください。どの階級も、検定で実際に使用されたものですので、算数検定がどのようなものかチェックすることができます。

    「検定過去問題」へ

  2. 検定の過去問題をご確認いただいたあとは、書籍「過去問題集」で問題を解き、出題傾向や解答方法に慣れるとよいでしょう。(※1)

    算数検定は問題用紙と解答用紙が別々になっているため、過去問題集を見ながら答えはノートに書くなどといった方法で、解答方式にも慣れておくとよいでしょう。(※2)

    • ※1 かず・かたち検定の過去問題集は、現在のところご用意がございません。幼児向けのドリルなどを元に、学習を進めてください。
    • ※2 かず・かたち検定のみ、解答を問題用紙に直接書き込む方式となっています。

    「過去問題集」をチェックする!

    「参考書・問題集・その他の書籍」をチェックする!

受検方法と受検までの流れ

算数検定には「団体受検」と「個人受検」の2つの受検方法がございます。

団体受検とは

学校や学習塾の教室を検定会場として、受検する方法です。申し込みの手続きや検定の監督者は、原則として各団体の担当者(先生)が行います。

団体受検の場合、学校の先生が受検の窓口となります。お通いの学校や学習塾で団体受検を実施しているかどうか、ご確認ください。

個人受検とは

年に3回、全国の公の会場で受検する方法です。

  • ※個人受検のかず・かたち検定は自宅受検(受検者のご自宅に検定問題をお送りする方法)での実施となります。